副将システム 基本のキ

出陣武将1人につき2人まで、副将を設定できるようになります。
副将は戦場に出る事はありませんが、出陣武将との間に相性を発生させる事が可能です。
副将の武力が高い程、該当の相性効果が強くなります。
※副将同士だけでは相性は発生せず、出陣武将と絡めた相性のみ発生可能です。
※出陣武将の副将以外の副将とも相性は発生します。

最初は数人しかいなかった武将もどんどん数が増え、出陣せずに眠っている武将はいませんか?
そんな時はぜひ副将システムを使ってみてください。

まず武将には一緒に出陣することで相性効果が発生する武将の組み合わせがあります。
相性効果は最初の頃は意識していなくても大丈夫ですが、中盤になると武力のアップに非常に有効です。
同じ武力同士で戦っても相性効果によって大差がつくことも!

しかし相性の組み合わせはかなり多いので1部隊の出陣数ではあまりカバー出来ません。
そこで、やってみよう!副将設定!
出陣しない武将を副将に設定することにより、相性効果を発生させることが出来ます。

この設定は画面右下の隆中対の中。
0027
ここでは劉備を主として説明したいと思います。
0028
劉備と馬良が一緒に出陣すると智攻力が10%あがるようです。
でも馬良を陣形に入れる余裕がありません。
そんな時は馬良を副将に設定してみましょう。
0030
この状態で出陣すると副将としての相性がオレンジ色で出てきます。
そして副将は主となる武将の左上に小さいアイコンで表示されます。
0031
馬良を副将に設定したことで、智攻力が5%の相性効果がつきました。
副将の武力が高ければ相性効果も高くなるので馬良を強くしてみます。
0032
馬良の武力が上がると、相性効果も8%にあがりました。

他にもたくさんの相性がありますのでチェックしてみてくださいね!
知らないと損する副将システム!1つだけ注意点があります。
副将に設定した武将は、天外塔、三国戦記、天魔境、軍団防衛戦をのぞく戦闘には参加することは出来ません。

副将についてなんとなくわかったら次はこちら

もっとよくわかる 副将システム
基本的なことは↑をご覧ください。 副将システムの応用編です。 武将が出陣しなくても、相性効果を発生させられる副将システム。 相...